Img_43cae85836b55e217ca3f2b797f8888d
先日、駅前のぽっぽさんの夏祭りで依頼演奏がありました。
マーチングに残らない3年生は、これをもって、いったん休部。

普段、部活に対して毒ばっか吐いてるムスメ(注:休部しません)が、後半、ひとりでダーダー泣きながら吹いてて、何か、思うところもあったんだろなー、と。

で、昨夜は、うちでトロンボーン会が開催されて、サプライズでいろんな企画(メンバーのお誕生日を突然派手に祝い出す等)もあって、日頃、暴君(うちのひと・苦笑)のハードな仕打ちに耐えてる後輩達も、すごく楽しんでる感じで、なんか、いいなぁ、って思ったのでした。
トロンボーンの3年生で、ただひとり休部に入るコも、3年間、同級生の暴君(うちのひと・苦笑)とのハードな日々だったはずが、みんなに見送られて、涙で帰っていきました。

いいねぇ。
高校生、いいねぇ。

確か、ついこの間まで、自分もこんな感じだったはず…(笑)
Img_850e003879e9e2e9ec8b8ab8f82de200
ムスメを迎えに行って高校の敷地に駐車していると、こんな風景。

←こっちが松陵中学校。
→道を挟んで、こっちが敦賀高校。

子供達は、北小、角鹿中だったので、初めて関わる母校は高校からで、やっぱりあちこち思い出が染み込んでいて、たまんないですなぁ。
母校の松陵中は、当時、ちょうど新校舎をガンガン工事してた頃で、校内もいろんな意味でガンガン荒れてて…(笑)
中学校の窓から、高校の先輩が登校するのを、みんなでキャーキャー言いながら見てたり、当時、そんな言葉はなかったものの、まさに典型的な厨二病。
戻れるなら、もうちょっと一生懸命いろんな事に取り組めばよかった、とかいつも思うけど、まぁ、あれはあれで,必死に頑張ってたのかもなぁ。

夕方ってのは、当時も黄昏れぎみだったからか、大人になっても、ちょっと黄昏れちゃうわけです。はい。
Img_89504c51b20b7a75b635bbc7112061bd
夏の新蕎麦で、十割蕎麦。
(ツウぶってみる。)
Img_2f40b545bb57ffa1154e58029ad0bffb
ずっと行けてなかった長女のバイト先にやっと行けて、彼女が作ったシーザーサラダをいただいた台風の日。
私の知らない子供の世界なのだった。
Img_f45ae0b5bd8fbceb006a26bf055597e7
この週末、全国高校PTA連合会の福井大会が開催されました。
全国からものすごい数のPTAの皆さんが福井に押し寄せてきて、観光地や宿泊、食事等、石川や京都、滋賀まで、PTA祭りだったようです。

うちのダー氏は、数年前からこの準備に関わってきたので、もぅほんとに、やっときたか、という感じ。
県単位で何かをするとき、文化も言葉も人間性もまったく違うからか、通常、嶺南はがっつり無視される事の方が多いんだけど、今回、福井市の周辺会場だけでサクッと済ませるところ、分科会をごりっとひとつ嶺南に持ってきたりとか、かなり爪痕を残した感じで、敦賀市近辺も若干お金も落ちたみたいだし、身内ながらなかなかやりおる、と感心しております。

自分は、特別重要な役割もなく、フラフラしてましたが、後半勝手に「ちょっと全国から来たひとに話しかけてみよう作戦」をやったら、とっても楽しかったので、もっと最初からガンガンいけばよかったなぁ、とちょっと後悔なのでした。
Img_390b80db1c95c300b2962c7b70a4c834
最近、ハマっているもの。
ピクルス、ではなく、WECKのガラスキャニスターのほう。

なるべくお皿にラップとかしたくないので、ガラスのパイレックスの保存容器を使ってたんですが、WECKのフタの重い感じとか、まぁるいフォルムとか、なんだかすごく手に馴染んで使いやすくて、ここ最近増殖中です。
サイズもいろいろあるし、小さいものだと300円くらいから、大きくても千円にはならないという、小市民のお財布にもやさしいこの感じ。
ひとくちだけ残っちゃったおかずも、これに入れていっぱい並べると、なんだか幸せ気分という、相変わらずの食いしん坊なんですが、ピクルスは素材によっては意外と夫も食べてくれるって事がわかったので、ぬか漬け同様、いろいろ検討中な今日この頃でございます。

▽プロキッチン
 (Click!) 
Img_fd76025af9a5a2fbecdc2d1ed5fc1440
先日、ムスメっちの吹奏楽部は国立病院の納涼祭に参加させていただきました。

子供達はもちろん、我々も日頃、大変な患者さんにお会いする機会がなかなかないので、患者さんはもちろん、付き添ってらっしゃるご家族の方や、職員の方を見ていて、自然と背筋が伸びるというか、気持ちがシュッとするというか、参加できてほんとにありがたかったです。

秋のマーチングに残る、というか、依頼演奏全部にバリバリ参加させてもらってる3年生ですが、教室ではできない貴重な経験。
部活を続けながらの受験は、ほんとにハードだけど、こんなに濃いぃ毎日を懐かしく思い出す日が、いつか来るんだろうなぁ。
子供も、親も。