Img_88f899a45c7c4ee3470278dec70fb892853a0d61
昨日の日曜日、家族はみんな早朝から出かけちゃったので、
母と一緒に、母の実家がある町に行ってきました。

子供の頃は毎年長期滞在してた第二の故郷なんだけど、
自分が家庭を持ってからは、すっかりご無沙汰ばかり。

写真は、祖父が眠るお墓がある古いお寺の横の古い空き家。
今にも崩れそうなのに、ずっといつまでもそこにあって、
ほんとに、時間が止まってるようなお家で、
もしかすると、魔法にかかったお姫様が中で眠ってんのちゃうか、とか、
本気で思ったりする、すごく気になる情緒ありありなお家。
いや、姫って感じじゃないな、眠れるオッサンかな(笑)

それから、次は、祖母が暮らすホームへ。

優しくて可愛くて愉快だった祖母は、すっかりボケちゃって、
私達の事はもちろんわかんないし、
会話も全然噛み合ないんだけど、
祖母から発せられる柔らかいオーラみたいなものは、昔のまんま。
しばらくいっしょにタオルを何枚もたたみながら、
噛み合ない会話を満喫しました。
ずっと状況がつかめない祖母は、わかんないことだらけで、
フラストレーションもずいぶんたまってるみたいだけど、
どうか、少しでも穏やかに、暮らしてほしい。
祖母から受けた愛情は、もう祖母に返す事は難しいから、
そのまま、自分の子供に渡していけたらいいな、とか思いました。

帰り道、母が行った事のないお店で食事して、
「どれもこれも、全部おいしい!またみんなで来よう!」って、
すごく喜んでくれたけど、
ほんと、明日の事はわからないから、
今やりたいことは、今やらなきゃなぁ、って、
祖父と祖母を思いつつ、考えちゃった日曜日でした。

てか、最近、スマホばっかで、全然写真撮ってないな。
そっちも心がけよう。