Img_f70a3b42920226128e6414dddc1f13b65fa09792
今日は、地元県立高校の保護者説明会に行ってきました。
私と、ダー氏と、長女の母校は、
早くも中学3年生になった次女の、第1志望。

説明会が始まる前に、高校生活を紹介するビデオが流れたんだけど、
そこには、春に卒業した長女の友達が、
懐かしい制服姿で、ひゃっひゃ笑ってて、
あぁ、みんな、この間まで、こんなだったよなぁ、ってしみじみ。

部活も一緒で、クラスも一緒だったこのコ、
大学でどうしてるかなぁ、とか。

で、この春の合格状況とかの説明が始まって、
合格したのに行かなかった大阪の大学の合格者数に、
この中に入ってたんだなぁ、
ここ行ってたかもしれないんだなぁ、ってまたしみじみしたり。

その後、卒業生の体験談発表には、
ちっちゃい頃から知ってる娘の友達もいて、
説明会の主旨に反して、涙腺が崩壊寸前(苦笑

体験談の最後のコが、

(ゆるい、と言われるこの学校から、
 医学部に進学して現在インターンの女の子)

「もし、私が今、中学3年生だったとして、
 それでも、私は、この学校を受験します。」

って結ばれてて、まじ泣。
先生方も、みんな顔を見合わせて微笑み合うくらい、
とっても素敵なスピーチでした。

次女も、どこに進学したとしても、
充実した3年間が送れるといいな、って思います。

写真は、春、引っ越し作業前の長女の部屋。
何もないここから始まった彼女の新生活は、
その充実っぷりに比例して、
今は、足の踏み場もありません(笑

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする