Img20080520130359
ビオラの寿命は意外と長い。

さよなら 都会 たてがみ

ってことで、
先日の堂本兄弟で麒麟が歌ってましたが、
昭和の歌って、なんだか、良いよね。

平成の歌も、もちろんいいんだけど、
なんだろ、日本人の長い間持ってきた血が、
こういうの聴くと、ほっとするんだろうなぁ。

堺氏の曲で言えば、
「まちのあかり」なんて聴くと、
無条件に泣けてきちゃったりするもの。

今週のオリコンでは、水谷豊氏が2位だっけ?
みんな、あの時代が、すごく好きだったのかもね。

で、兄弟のつよしさんは、
自分、ヒゲ関連大好物ですが、
今回、ちょっと、整ったというか、
なんだろ、いわゆる「すけべヒゲ」(笑)だったもんで、
あれはちょっと、どないでしょうか、って感じでした。
いやいや、もちろん、とぅるとぅるよりは、全然好きだよ。
でも、もうちょっと、不精系きぼんぬ。
うむ。

さて、同じ日の「篤姫」。
相変わらず、ハマっちゃっておりますが、
今回、めちゃくちゃおもろかったっ。
やっぱり、堺雅人さんの上様は、ハマリ役だわ。
おかしいんだし、かっこいいんだし、
がっつり、もってかれちゃいました。

あと、堺さんのおかあさん役の高畑淳子さんも、
もぉずっとおかしいし、
いい意味で大河らしからぬ感じだな。

篤姫の数字がすごくいいってことで、
でも、一部大河ファンからは、
戦のシーンもないし、軟弱で、時代劇とはいえない、
みたいな声もあるみたいですが、
恥ずかしながら、自分、このドラマで、
これまでまったく知らなかった幕末の事がすごくわかったし、
それがいわゆる大河なんじゃないかと。

実在する方のお話は、
今後の展開がすでにわかってるんですが、
でも、みんな、少しでも長く幸せであってほしいと、
過去の事ながら、祈っちゃったりするわけです。

さて、そんなこんなで、先月撮った玄関脇のシービービー。
今は、もうすっかり種もできあがっちゃってますが、
最近、近所でシービービーを見かけることもなくなって、
きっと山のようにあれば、
小学生も楽しいだろう、とか思って、数年前に移植したんですが、
うーん、最近の子は、興味ナイツ。

逆に、夫とか、昭和の子供たちは、必ずちぎって鳴らすんだけど、
平成の子供たちは、そういうの、ないのかねぇ。
小学生がシービービー鳴らさなくなったら世も末じゃん、と思う、
今日この頃の自分でありやす。
Img2a20080520130359